ホーム > 教官ブログ
教官ブログ

全日本大学駅伝「中継地点」の役目を終えて

カテゴリー:☆大学生向け情報  投稿日:2018.11.20

日本の男子の大学駅伝としては、1月2日、3日に開催される箱根駅伝、体育の日開催の出雲駅伝、そして全日本大学駅伝があり、男子の三大駅伝といわれています。

その三大駅伝のひとつである、第50回全日本大学駅伝が11月4日に開催されました。

中勢自動車学校は、1985年の第16回大会から2017年の第49回大会まで「中継地点」として、選手達が準備運動などのウォーミングアップのために、教習所場内コースや待合室やトイレなどの施設を選手らをはじめ大会関係者に無償で解放していました。

第50回の大会から中継地点7地点のうち6地点が変更となり、我が中勢自動車学校もその1つとなりました。

長年中継地点として「たすき」と「想い」を渡し、そして、それを受け取る選手を見てきましたが、コース自体の変更は無いので、これからも「たすき」を次の選手に渡すために汗と共に駆け抜ける選手を見守り続けたいと思います。

(C)朝日新聞

 

横断旗の寄贈

カテゴリー:■アックンより  投稿日:2018.7.13

こんにちは!!アックンです!!

中勢自動車学校は、小学生などの小さな子どもたちへの交通安全を願って、毎年「夏の交通安全県民運動」実施期間中に、鈴鹿市(教育委員会)へ「横断旗」を寄贈し続けております。

平成16年度から始まり、今年で15回目!!累計7,500本となります。

横断旗は、通学路の交差点などに置いたりして、子ども達への安全確保に活用されています。

中勢自動車学校の教習理念である、安全の心と行動が小さな子ども達へも届きますように!

サポカーで未来は明るくなる。

カテゴリー:▲マックンより  投稿日:2017.10.2

こんにちは!マックンです!!!

高齢運転者の事故防止対策の一環で、本年3月、関係省庁の副大臣等会議で決定された「自動ブレーキ」や「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」等を搭載した車(「安全運転サポート車」)の普及啓発策について、平成29,30年度を重点期間とし、官民連携で取り組んでいるよ!

サポカー

危険な場面にならないように、認知・判断・操作をサポートする、そんな車がサポカー・サポカーS。

サポカーが、自動ブレーキを搭載した自動車のことで、サポカーSは、自動ブレーキに加えて、ペダル踏み間違い時の加速抑制装置付きが搭載されたものなんだって。高齢者に多いという、アクセルとブレーキのペダルの踏み間違いを防ぐ機能が備わっているというみたいだね。

詳しくは、https://www.safety-support-car.go.jp/

時代は流れてハイテクになり、サポカーで交通事故がなくなればいいね。

 

秋の全国交通安全運動

カテゴリー:▲マックンより  投稿日:2017.9.16

こんにちは!!マックンです!!

平成29年9月21日(木)~30日(土)までは秋の全国交通安全運動です。

20170912秋の交通安全運動-1

20170912秋の交通安全運動-2

重点項目は、

子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止

交通事故による死者の半数が高齢者です。幼児や児童は通学途中に事故にあっているみたいです。

歩行者の横断を見落とさないように。通学路などの運転は、もしかしたら!と危険予測を心がけ、事故をおこさないように。

 

夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止

夜間は早めにライトを点灯し、自分の位置を知らせよう。

 

飲酒運転の根絶

まだまだなくならない飲酒運転。

ちょっとだけの軽い気持ちが重大な事故に繋がります。乗らない・乗せない・飲ませない!を守りましょう。

 

全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

乗用中の事故で亡くなった人のうち、シートベルトを着用していない人は、着用者に比べて致死率が14.5倍にもなります。

どこに座っても必ず着用!!!

事故にあわない、おこさない!

皆さん安全運転でよろしくお願いします。

夏の交通安全県民運動

カテゴリー:▲マックンより  投稿日:2017.7.9

こんにちは!マックンです!!

7月11日(火)~20日(木)は夏の交通安全県民運動です!

20170615夏の交通安全 

運動の重点はこちらです!

運動の重点は、

子どもと高齢者の交通事故防止

高齢者のそばを通行するとき、道路横断中の歩行者には特に気をつけてください。

飲酒運転の根絶

まだまだなくならない、飲酒運転!!ゼッタイにお酒を飲んで運転してはいけませんよ!!

後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

シートベルトをしていないと、もし、事故にあった時に助かる命も助からないかもしれません!!

自転車の安全利用の推進

自転車は「車両」であることを認識し、交通ルールを守りましょう。

 

 

20170615夏の交通安全2

事故にあわない、おこさない!

三重県から交通事故をなくしていきましょう。